本文へスキップ

医科の個別指導の厚生局のチェックリスト(講評、総論的事項)をご説明します。個別指導と監査は、指導監査に強い弁護士にご相談下さい。

電話での相談のご予約・お問い合わせはTEL.03-5925-8437
平日:9時30分~17時30分

1 個別指導の指摘事項(1):講評、保険医療機関の特徴的事項

個別指導の書籍を出版し、医科の指導監査に強い、弁護士の鈴木陽介です。

サンベル法律事務所は、全国からご依頼を頂き、個別指導と監査の対応業務を行っています。

個別指導、監査には、弁護士を同席させるべきです。まずはご相談下さい。


弁護士鈴木が力を入れている個別指導のコラムです。

ここでは、厚生労働省が作成した医科の指導講評でのチェックリスト(医療機関の概要、指導においける指摘事項の講評、総論的事項)をご説明します。弁護士鈴木が平成29年6月9日に厚生労働大臣から開示決定を受けた医科指導講評セット(平成28年度版)に基づいており、弁護士鈴木が適宜加筆修正をしています。

 指導監査のコラム

1  個別指導と監査の上手な対応法

医科指導講評セット


8.0版DPC
平成28年度版<Ver. 8.0>
指導年月日:平成28年 月 日

 1 医療機関の概要

病院種別 :(大学附属病院、臨床研修病院、特定機能病院、その他)
病床の種類:精神病床(床)、感染症病床(床)、結核病床(床)
一般病床(床(内 床休床中)[以下を除く])
療養病床(医療保険適用( 床)、介護保険適用( 床))
開設者別:(国立、国立大学法人、公立(地方独立行政法人含む)、公立大学法人、公的、国立病院機構、その他 )
*「公的」とは、医療法第31条の規定による公的医療機関から公立病院を除いたもの(国保病院、日赤病院、済生会病院、厚生連病院 等)
D P C :☐なし ☐あり
電子カルテ :☐なし ☐あり (☐入院 ☐外来)

 2 指導における指摘事項(講評)

講評は大きく次の事項から成る。
総論的事項(当該保険医療機関の特徴的事項)
個別事項
□Ⅰ 診療に係る事項
□Ⅱ 薬剤部門に係る事項
□Ⅲ 看護・食事・寝具・設備に係る事項
□Ⅳ 請求事務・施設基準等に係る事項
□Ⅴ 包括評価に係る事項
□Ⅵ その他特記事項
□Ⅶ 自主返還に係る事項

 3 総論的事項(当該保険医療機関の特徴的事項)

☐1.診療録への必要事項の記載について、不適切な例が認められた。
☐2.医療情報システムについて、不適切な点が[ 多数 ・いくつか ]認められた。
☐3.傷病名について、記載漏れ、いわゆるレセプト病名、整理が行われていないもの等が[多数 ・ いくつか ]認められた。
☐4.[ 医学管理・在宅医療 ]について、必要事項の記載がない等、算定要件を満たしていない例が[ 多数 ・ いくつか ]認められた。
☐5.[検査・画像診断・病理診断]について、不適切に実施されたものが[多数・ いくつか]認められた。
☐6.薬剤の使用について、不適切な投与が[ 多数 ・ いくつか ]認められた。
☐7.[ リハビリテーション・精神科専門療法・処置・手術・麻酔・放射線治療 ]について、不適切に実施されたものが[ 多数 ・ いくつか ]認められた。
☐8.請求事務について、誤請求が[ 多数 ・ いくつか ]認められた。
 ☐ 実施していないものを誤って請求している例が[ 多数 ・ いくつか ]認められた。
☐9.診断群分類について、
 ☐ 不適切な診断群分類の選択が[ 多数 ・ いくつか ]認められた。
 ☐ 包括範囲を誤って請求している例が[ 多数 ・ いくつか ]認められた。
☐10.その他(看護、施設基準 等)
☐11.平成 年 月 日に( )による
[ 特定共同指導 ・ 共同指導 ・ 個別指導 ・ 適時調査 ]が行われ、指摘事項に対する改善報告書が出されているところであるが、特に以下の事項について改善が認められなかった。
( )


個別指導、監査に悩んでいる医師の方は、迷わずお電話を下さい。個別指導、監査への対応方法をアドバイス致します。


指導監査のコラム


指導監査のコラムです。
個別指導、監査の際に、また日常の医院運営、臨床にご活用下さい。

 個別指導のチェックリストのコラム

1  個別指導の指摘事項(1):講評、保険医療機関の特徴的事項
2  個別指導の指摘事項(2):カルテ
3  個別指導の指摘事項(3):傷病名
4  個別指導の指摘事項(4):初診料 再診料 入院料 入院基本料
5  個別指導の指摘事項(5):特定疾患治療管理料 診療情報提供料
6  個別指導の指摘事項(6):在宅医療
7  個別指導の指摘事項(7):検査、画像診断、病理診断
8  個別指導の指摘事項(8):投薬、注射
9  個別指導の指摘事項(9):リハビリテーション
10 個別指導の指摘事項(10):精神科専門療法、処置
11 個別指導の指摘事項(11):手術、麻酔、放射線治療
12 個別指導の指摘事項(12):薬剤
13 個別指導の指摘事項(13):看護、食事、寝具、設備
14 個別指導の指摘事項(14):請求事務(診療録等)
15 個別指導の指摘事項(15):請求事務(医学管理、在宅医療)
16 個別指導の指摘事項(16):請求事務(検査、投薬等)
17 個別指導の指摘事項(17):請求事務(処置、手術、麻酔等)
18 個別指導の指摘事項(18):保険外併用療養費
19 個別指導の指摘事項(19):一部負担金、保険外負担
20 個別指導の指摘事項(20):包括評価と診断群分類
21 個別指導の指摘事項(21):診療報酬の自主返還
22 個別指導の指摘事項(22):指導での診療報酬の自主返還

 保険医取消の実例紹介のコラム

1  保険医取消の実例:後発医薬品を先発医薬品とする不正請求
2  保険医取消の実例:診療報酬不正請求による逮捕と保険医取消
3  保険医取消の実例:検査結果の廃棄、保険適用外診療の不正請求
4  保険医取消の実例:死亡患者の診療報酬請求、コンタクトの不正
5  保険医取消の実例:鍼灸院や整骨院との不正請求、診療録の不作成
6  保険医取消の実例:監査の不出頭、カルテの改ざんによる取消処分
7  保険医取消の実例:無診察処方、無診察投薬による取消処分
8  保険医取消の実例:個別指導中の医師の入院と指導の延期

SUNBELL LAW OFFICE個別指導

サンベル法律事務所
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-18
オオノヤビル7階
TEL 03-5925-8437
FAX 03-5925-8438

弁護士鈴木陽介書籍個別指導

書籍:個別指導、監査、医道審議会の行政処分

インターアクション,2019年

弁護士鈴木陽介書籍指導監査

書籍:歯科医院の事業承継とM&A

学建書院,2016年

弁護士鈴木陽介書籍医師 弁護士

書籍:こんな患者さんとのトラブル&ハプニング

クインテッセンス出版,2013年