本文へスキップ

医道審議会(医科)の行政処分のコラムです。行政処分対象事案報告書の書き方や医道審議会の対応のサポートは、医道審議会に強いサンベル法律事務所にご相談下さい。

電話での相談のご予約・お問い合わせはTEL.03-5925-8437
平日:9時30分〜17時30分

1 医道審議会(医師)の行政処分

医道審議会の書籍を出版し、医道審議会に強い、弁護士の鈴木陽介です。

サンベル法律事務所は、全国からご依頼を頂き、医師の医道審議会の対応サポート・同席など対応しています。


弁護士鈴木が力を入れる医道審議会(医科)のコラムです。

まず医師への行政処分、医道審議会のコラムの一覧をご紹介します。その上で、医道審議会での医業停止などの行政処分、処分者についてご説明をします。

 医師への行政処分、医道審議会のコラム

1  医道審議会での医師への行政処分、処分者
2  医道審議会の行政処分の考え方(1):基本的な考え方
3  医道審議会の行政処分の考え方(2):医師法違反 交通事犯
4  医道審議会の行政処分の考え方(3):わいせつ行為 税法違反
5  不正請求による保険医取消の医師への医道審議会の行政処分

 医道審議会、行政処分の判例のコラム

1  医道審議会の判例(1):行政処分(医師免許取消)の取消訴訟
2  医道審議会の判例(2):行政処分(医業停止)の執行停止
3  医道審議会の判例(3):行政処分(医師免許取消)の執行停止
4  医道審議会の判例(4):行政処分(医業停止)の仮の差止め
5  医道審議会の判例(5):医業停止期間経過後の訴えの利益

医道審議会への対応のポイント


 医師の行政処分の流れ

医師に対する行政処分は、厚生労働省に設置されている医道審議会の医道分科会で審議されます。

厚生労働省は、処分をするか医道審議会で審議すべき事案を把握すると、当該審議のために、都道府県知事に対して、事実関係の報告を求める通知をします。注意点としまして、保険医の取消処分と連動していることが挙げられます。すなわち、不正請求などにより保険医の取消処分がなされると、当該事実が医道審議会で審議すべき事案との判断に繋がり得るということです。

通知を受けた都道府県は、当該医師に対し、事案の報告を求める書面を発送します。医師は、当該書面を確認し、自らが医道審議会での行政処分の審議対象であることを突きつけられるとともに、行政に行政処分対象事案報告書の提出をすべきことになります。

医師が行政処分対象事案報告書を行政に提出すると、医道審議会で審議がなされ、その後、医師が免許取消相当と判断された場合は意見の聴取が、医業停止命令相当と判断された場合は弁明の聴取がなされます。当該聴取を踏まえて、医道審議会が最終的な行政処分の答申を行い、行政処分がなされる流れとなります。不正請求により医師の保険医取消処分がなされた事案では、最終的に3か月の医業停止処分となる可能性があります。

 対応のポイント

1 行政処分対象事案報告書は必ず弁護士と作成する

医師は、医業の専門家ですが、行政手続きにおける弁明書の作成の専門家ではありません。行政処分対象事案報告書は、記載内容によって処分の重さが変わり得る、非常に重要な書面ですので、必ず専門家である弁護士に相談し、十分に内容を練ってから提出することをお勧めします。
事実をありのままに記載すればよい、覚悟はしている、処分は医道審議会の判断に委ねる、と考えられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、真実に則った、適正な処分のために、主張すべきは主張し、認めるべきではないことは争い認めない対応をすべきです。医道審議会の行政処分に詳しい弁護士にサポートを依頼し、記載内容や今後の方針などを十分に打合せて対応することをお勧めします。

2 意見の聴取や弁明の聴取には弁護士を同席させる

医師に対する医道審議会の行政処分は、医師に重大な不利益を与えるもので、可能な限り医師に有利な処分とさせるために、医道審議会の行政処分に詳しい弁護士に依頼し、意見の聴取や弁明の聴取の手続きに同席させ、サポートをしてもらうべきです。
方針については、依頼した弁護士と協議して決定することになりましょうが、行政機関の同調圧力に屈することなく、主張すべきは主張し、認めるべきではないことは争い認めない対応をすべきです。また、被害者がいる事案の場合は、被害者との示談や被害者へのその後の対応が処分に大きな影響を及ぼしますので、これについても、依頼した弁護士と適切な対応を協議して下さい。

医科の行政処分の指針と統計


 医師に対する行政処分の指針

医師に対する行政処分の指針が公表されています。
・ 医師及び歯科医師に対する行政処分の考え方
 
ポイントを整理すると、以下のとおりです。

1 医師法違反

無資格医業の共犯、無診察治療等の医師法に違反する行為については、その責務を怠った犯罪として、重い処分とする。

2 覚せい剤取締法違反等の薬物犯罪

麻薬等の薬効の知識を有し、その害の大きさを十分認識しているにも関わらず、自ら違反したということに対しては、重い処分とする。

3 わいせつ行為

わいせつ行為は、医師の社会的信用を失墜させる行為であり、特に、診療の機会に医師としての立場を利用したわいせつ行為などは、国民の信頼を裏切る悪質な行為であり、重い処分とする。

4 診療報酬の不正請求

診療報酬の不正請求等により保険医等の取消処分を受けた医師については、当該健康保険法に基づく行政処分とは別に医師法による行政処分を行うこととする。

 医道審議会での医師の処分の統計

医師に対する行政処分は、厚生労働省に設置されている医道審議会の医道分科会で審議され、その答申を受けて厚生労働大臣が決定します。医道審議会(医道分科会)での答申は、3月ころと9月ころの、年2回となっています。

1 2019年1月30日の答申

2019年1月30日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師13件
  内訳 免許取消    3件
      (覚せい剤取締法違反1件,
       麻薬及び向精神薬取締法違反1件,
       準強制わいせつ1件)
     医業停止2年  1件
      (薬機法違反・関税法違反1件)
     医業停止1年  2件
      (危険運転致傷1件,
       再生医療等安全確保法違反1件)
     医業停止10月 2件
      (公職選挙法違反2件)
     医業停止4月  1件
      (再生医療等安全確保法違反1件)
     医業停止3月  1件
      (診療放射線技師法違反1件)
     医業停止1月  2件
      (精神保健指定医の指定申請時の不正1件,
       精神保健指定医の指導医の不正1件)
     戒告      1件
      (傷害1件)

2 2018年9月19日の答申

2018年9月19日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師7件
  内訳 医業停止1年6月1件
      (過失運転致死・道路交通法違反1件)
     医業停止8月  1件
      (道路交通法違反・過失運転致傷1件)
     医業停止4月  5件
      (道路交通法違反5件)

3 2018年6月6日の答申

2018年6月6日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師34件
  内訳 医業停止1月 17件
      (精神保健指定医の指定申請時の不正9件,
       精神保健指定医の指導医の不正8件)
     戒告     17件
      (精神保健指定医の指定申請時の不正11件,
       精神保健指定医の指導医の不正6件)

4 2018年3月7日の答申

2018年3月7日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師37件
  内訳 医業停止1月 20件
      (精神保健指定医の指定申請時の不正11件,
       精神保健指定医の指導医の不正9件)
     戒告     17件
      (精神保健指定医の指定申請時の不正9件,
       精神保健指定医の指導医の不正8件)

5 2018年1月25日の答申

2018年1月25日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師28件
  内訳 医業停止2月  2件
      (精神保健指定医の指定申請時の不正1件,
       精神保健指定医の指導医の不正1件)
     医業停止1月 11件
      (精神保健指定医の指定申請時の不正6件,
       精神保健指定医の指導医の不正5件)
     戒告     15件
      (精神保健指定医の指定申請時の不正10件,
       精神保健指定医の指導医の不正5件)

6 2017年9月21日の答申

2017年9月21日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師13件
  内訳 医業停止3年  2件
      (覚せい剤取締法違反1件,準強制わいせつ1件)
     医業停止9月  1件
      (医師法違反1件)
     医業停止6月  1件
      (道路交通法違反・過失運転致傷1件)
     医業停止5月  2件
      (道路交通法違反1件,公然わいせつ1件)
     医業停止4月  1件
      (児童買春等違反1件)
     医業停止3月  6件
      (医療法違反4件,迷惑防止条例違反1件,
       診療報酬不正請求1件)

7 2017年3月3日の答申

2017年3月3日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師12件
  内訳 医業停止3年  4件
      (医薬品医療機器等法違反等1件,詐欺・傷害1件,
       覚せい剤取締法違反1件,強制わいせつ1件)
     医業停止2年  1件
      (医師法違反1件)
     医業停止1年  1件
      (道路交通法違反等1件)
     医業停止4月  2件
      (道路交通法違反2件)
     医業停止3月  3件
      (診療報酬不正請求3件)
     戒告      1件
      (わいせつ電磁的記録記録媒体陳列1件)

8 2016年9月30日の答申

2016年9月30日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師15件
  内訳 免許取消    1件
      (準強制わいせつ1件)
     医業停止3年  4件
      (麻薬等取締法違反等2件,詐欺1件,脅迫等1件)
     医業停止2年  3件
      (医師法違反1件,迷惑防止条例違反1件,収賄1件)
     医業停止1年  1件
      (名誉毀損等1件)
     医業停止9月  1件
      (贈賄1件)
     医業停止3月  4件
      (業務上過失致死1件,迷惑防止条例違反1件,
       信用毀損1件,診療報酬不正請求1件)
     医業停止1月  1件
      (窃盗1件)

9 2016年3月31日の答申

2016年3月31日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師13件
  内訳 医業停止3年  3件
      (覚せい剤取締法違反等1件,詐欺2件)
     医業停止2年  3件
      (覚せい剤取締法違反3件)
     医業停止4月  3件
      (道路交通法違反3件)
     医業停止3月  4件
      (迷惑防止条例違反2件,診療報酬不正請求2件)

10 2015年9月30日の答申

2015年9月30日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師40件
  内訳 医師免許取消  1件
      (薬事法違反)
     医業停止3年  3件
      (麻薬及び向精神薬取締法違反2件,詐欺1件)
     医業停止1年  2件
      (道路交通法違反2件)
     医業停止9月  2件
      (道路交通法違反2件)
     医業停止8月  1件
      (道路交通法違反・過失運転致傷1件)
     医業停止6月  1件
      (公然わいせつ1件)
     医業停止3月  5件
      (業務上過失致死1件,診療報酬不正請求4件)
     医業停止2月 12件
      (精神保健指定医の指導医としての不正12件)
     医業停止1月 12件
      (法人税法違反・所得税法違反1件,
       精神保健指定医の指定申請時の不正11件)
     戒告      1件
      (傷害1件)

11 2015年2月27日の答申

2015年2月27日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師12件
  内訳 医業停止3年  3件
      (診療放射線技師法違反等1件,薬事法違反1件,
       覚せい剤取締法違反等1件)
     医業停止8月  1件
      (自動車運転過失傷害・道路交通法違反1件)
     医業停止6月  2件
      (傷害1件,窃盗1件)
     医業停止4月  2件
      (道路交通法違反2件)
     医業停止3月  2件
      (迷惑防止条例違反1件,診療報酬不正請求1件)
     戒告      2件
      (傷害1件,児童買春等違反等1件)

12 2014年10月3日の答申

2014年10月3日の医道審議会の医道分科会の議事要旨によれば、医師の行政処分について、以下の答申がなされています。
 医師24件
  内訳 医師免許取消  4件
      (覚せい剤取締法違反1件,殺人等1件,
       傷害致死1件,強制わいせつ1件)
     医業停止3年  2件
      (覚せい剤取締法違反1件,詐欺1件)
     医業停止2年  2件
      (覚せい剤取締法違反1件,詐欺1件)
     医業停止1年  1件
      (傷害1件)
     医業停止9月  1件
      (道路交通法違反1件)
     医業停止8月  3件
      (自動車運転過失傷害・道路交通法違反3件)
     医業停止4月  1件
      (道路交通法違反1件
     医業停止3月  7件
      (医師法違反1件,窃盗・詐欺1件,
       迷惑防止条例違反2件,名誉毀損2件,
       診療報酬不正請求1件)
     戒告      3件
      (傷害1件,業務上過失傷害2件)


医道審議会、行政処分に臨む医師の方は、お電話を下さい。1時間1万円(税別)のご相談になりますが、医道審議会への対応をアドバイスします。

SUNBELL LAW OFFICE個別指導

サンベル法律事務所
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-18
オオノヤビル7階
TEL 03-5925-8437
FAX 03-5925-8438

弁護士鈴木陽介書籍個別指導

書籍:個別指導、監査、医道審議会の行政処分

インターアクション,2019年

弁護士鈴木陽介書籍指導監査

書籍:歯科医院の事業承継とM&A

学建書院,2016年

弁護士鈴木陽介書籍医師 弁護士

書籍:こんな患者さんとのトラブル&ハプニング

クインテッセンス出版,2013年