本文へスキップ

医業停止処分の停止期間経過後の、取消訴訟の訴えの利益の判例です。医道審議会に臨む医師の方は、医道審議会に強い弁護士にご相談下さい。

電話での相談のご予約・お問い合わせはTEL.03-5925-8437
平日:9時30分〜17時30分

5 医道審議会の判例(5):医業停止期間経過後の訴えの利益

医道審議会に強い、医師のための弁護士です。

サンベル法律事務所は、全国(北海道から沖縄まで)からご依頼を頂き、医道審議会のサポート・同席、医道審議会の弁明聴取手続きのリハーサルなど対応しています。

医道審議会の行政処分に臨む医師の方は、お電話を下さい。医道審議会は、弁護士のサポートを受けるべきです。


弁護士鈴木が力を入れている医道審議会のコラムです。

ここでは、医業停止処分の停止期間経過後の、取消訴訟の訴えの利益に係る判例のご説明を致します。取り上げる判例は、昭和56年12月18日最高裁判所の判決、及び、昭和55年8月25日新潟地方裁判所の判決です。説明のために、事案等の簡略化等をしています。

医道審議会の行政処分に臨む医師の方は、医道審議会に強い弁護士への相談をお勧めします。医道審議会は、弁護士のサポートを受けるべきです。詳しくは以下のコラムをご覧いただければ幸いです。

1 弁護士による医道審議会の対応法

医業停止処分の停止期間経過後の取消訴訟の訴えの利益


 1 最高裁判所判決:昭和56年12月18日

1 判示事項
医業停止処分後停止期間が経過した場合に当該処分の取消を求める訴えの利益。

2 判示要旨
医業停止処分を受けた者は、当該停止期間が経過したときは、当該処分の取消によつて回復すべき法律上の利益を有しない。

3 判決:主文
本件上告を棄却する。

4 判決:理由
本件医業停止処分について上告人が行政事件訴訟法九条括弧書にいう「処分又は裁決の取消しによつて回復すべき法律上の利益」を有しないとした原審の判断は、正当として是認することができ、原判決に所論の違法はない。論旨は、採用することができない。
よつて、行政事件訴訟法七条、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。

 2 新潟地方裁判所判決:昭和55年8月25日

1 判示事項・要旨
医業停止処分の取消しを求める訴えは、医業停止期間が経過した後には訴えの利益を欠くとした事例。

2 判決:主文
本件訴を却下する。

3 判決:理由
被告が昭和五四年六月八日付で、医師である原告に対し、同月一五日から同年九月一四日まで医業停止を命ずる旨の本件処分をなしたことは、当事者間に争いがない。

そこでまず、本件処分による医業停止期間が既に経過している本件口頭弁論終結時(昭和五五年七月七日)において、なお原告が本件処分の取消を求める法律上の利益を有するか否かについて検討する。

行政処分の取消の訴は、当該処分の効果が期間の経過その他の理由により消滅した後においても、なお法律上の利益を有する者に限り、これを提起することができるとされているところ、右法律上の利益とは当該処分の直接的効果としての不利益が何等かの具体的な法律関係において残存し、且つ、当該処分を取消さなければ右不利益が除去されない状態にある場合をいうものと解すべきである。

そこで、原告の主張につき順次検討するに、まず、本件処分が将来において原告の受ける可能性のある同種の制裁的処分の際に加重事由になる旨の主張については、医師法中にも、また関連法規の中にも、本件処分をその法定の加重要件とする法条は存在しないのであるから、仮りに原告が将来受ける可能性のある制裁的処分の際に本件処分が不利益に考慮される虞れが存するとしても、それは情状として事実上考慮される蓋然性があるにすぎず、法律上の不利益とはいい難いものである。次に、原告は、本件処分によつて業務上の信用が低下し、原告又は原告の所属する医療機関が経済的不利益を受け、また、本件処分が報道され、医籍に登録されたため、原告の名誉が毀損されたから、右の経済的利益及び人格的利益の侵害の回復を図るため本件処分の取消を求める必要がある旨主張する。しかしながら、仮りに原告主張のように経済的利益及び人格的利益が侵害されたとしても、それは本件処分の直接的効果ではなく、不利益処分に多少とも共通して伴う副次的な結果にすぎないものであるから、行政事件訴訟法九条括孤書において法が特に要求した法律上の利益を根拠づけるに足りないというべきである。しかも、右のような侵害の回復は、既に医業停止期間の経過した本件処分の取消によつてではなく、国家賠償法上の損害賠償請求訴訟によつて直截的にその救済を求めることができ、且つこれをもつて足りるものというべきである。

原告は、本件処分の取消によつて回復すべき法律上の利益を有せず、したがつて本件訴は訴の利益を欠くものといわざるを得ない。以上の次第で本件訴は、不適法であるから、本案について判断するまでもなく、これを却下することとし、訴訟費用の負担につき、行政事件訴訟法七条、民事訴訟法八九条を適用し、主文のとおり判決する。


医道審議会、行政処分に臨む医師の方は、お電話を下さい。医道審議会への対応を弁護士がアドバイスします。


医道審議会の弁護士のコラム


弁護士の医道審議会(医科)のコラムの一覧です。
医道審議会、行政処分に臨む医師の方は、ご活用下さい。

 医師への行政処分、医道審議会

1  医道審議会での医師への行政処分、処分者

2  医道審議会の行政処分の考え方(1):基本的な考え方

3  医道審議会の行政処分の考え方(2):医師法違反 交通事犯

4  医道審議会の行政処分の考え方(3):わいせつ行為 税法違反

5  不正請求による保険医取消の医師への医道審議会の行政処分

 医道審議会、行政処分の判例

1  医道審議会の判例(1):行政処分(医師免許取消)の取消訴訟

2  医道審議会の判例(2):行政処分(医業停止)の執行停止

3  医道審議会の判例(3):行政処分(医師免許取消)の執行停止

4  医道審議会の判例(4):行政処分(医業停止)の仮の差止め

5  医道審議会の判例(5):医業停止期間経過後の訴えの利益

SUNBELL LAW OFFICE個別指導

サンベル法律事務所
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-18
オオノヤビル7階
TEL 03-5925-8437
FAX 03-5925-8438

弁護士鈴木陽介書籍個別指導

書籍:個別指導、監査、医道審議会の行政処分

インターアクション,2019年

弁護士鈴木陽介書籍指導監査

書籍:歯科医院の事業承継とM&A

学建書院,2016年

弁護士鈴木陽介書籍医師 弁護士

書籍:こんな患者さんとのトラブル&ハプニング

クインテッセンス出版,2013年